• 2024年4月19日
  • 2024年4月19日

農家のSNS-効果的な使い方- 第3回 農業とSNSの可能性とは?

「全国農業新聞 4月19日より」 第3回は、前回紹介した定番以外の農業分野に関係あるSNS、農業とSNSを掛け合わせることで実現できることとは、について話をしていきたいと思う。  最初に紹介したいのが産直SNSである。馴染み深い呼び方だと産直ECとも […]

  • 2024年4月12日
  • 2024年4月12日

農家のSNS-効果的な使い方- 第2回 農業と相性のいいSNSとは?

「全国農業新聞 4月12日号より」 第2回は、具体的にはどんなものあるのか、農業と相性のいいものは何か、について話をしていきたいと思う。 国内で多く使われているサービスは、文章を共有することのできる「LINE」や「X(旧Twitter)」、「Face […]

  • 2024年4月7日
  • 2024年4月7日

農家のSNS-効果的な使い方- 第1回 SNSとは何か

「全国農業新聞 4月5日号より」 今回から始まる連載は、私自身がSNSを使い農業の情報を発信したり、SNSの講座を受けたり、全国の生産者を取材した中で聞いてきたりした情報を下に、生産者にとってのSNS利用について紐解いていく企画である。 初回となる第 […]

  • 2024年4月7日
  • 2024年4月11日

「e顔クラブ」農家さんに聞く農業の魅力とは 茨城県笠間市 かねこ農園

全国共同出版株式会社様より出版されている「農業協同組合 経営実務」にて「e顔クラブ」(全国を周る中で出会う生産者の表紙と生産者に農業の魅力をインタビューした記事を担当しております。 第1回となる今回は、茨城県笠間市で栗を栽培されている「かねこ農園」さ […]

  • 2024年4月2日
  • 2024年4月7日

農業経営 需要が拡大するマッシュルーム栽培のトップランナー!その道46年の農業経営術とは

山形県最上郡にある有限会社舟形マッシュルームさんでお話を聞かせていただきました。 同社では、国内でも数多くないマッシュルームを栽培しています。現在は、地域と連携し、年間1500トン生産。国内シェア20%を誇っています。 しかし、順風満帆な経営ばかりで […]

  • 2024年3月20日
  • 2024年4月7日

新規就農 平均年齢47歳、気鋭の有機栽培部会ができるまで。有機野菜の生産規模拡大の背景にある、新規就農者が集い定着するサイクル

茨城県石岡市にあるJAやさとさんでお話を聞かせていただきました。 同社では、1997年から先進的に有機農業に取り組んでおり、25年以上の歴史を持ちます。2023年には、これまでの取組を評価され日本農業賞大賞と内閣総理大臣賞を受賞したJAやさとの有機栽 […]

  • 2024年3月7日
  • 2024年4月7日

農業情報 農業界に大きな影響を与える2024年物流問題 ~持続可能な農業を実現する為に必要な物流とは~

  皆さんは、「農業を営む上で必要なこと」と聞かれて何を思い浮かべますか。 栽培技術や経営、販路、最近ならSNSといったように複数の答えがあると思います。その中でも物流は、販売活動による「商流」と商品を届ける「物流」の2つが完了されて始めて取引が成立 […]

  • 2023年11月10日
  • 2024年4月7日

新規就農 需要を先読みし、新規就農からパプリカ栽培のトップランカーへ。国内で馴染みのなかった時代にパプリカを作ったわけ

茨城県水戸市にある株式会社Tedyさんでお話を聞かせていただきました。 同園では、国内でほとんど消費されていなかった2000年からパプリカを生産しています。23年目になる現在では、パプリカ栽培のトップランカーとして年間470トンもの生産量を誇ります。 […]

  • 2023年11月8日
  • 2024年4月7日

農業販売 単価の高くない青果用キャベツを年間300トン輸出。大吉農園が海外の市場で戦うことを選んだ理由

鹿児島県指宿市にある株式会社大吉農園さんでお話を聞かせていただきました。 同園では、減農薬や土づくりにこだわりながらキャベツやケール、枝豆、夏野菜を生産しています。 特に特徴的なのは、キャベツの生産量の約3割をシンガポール、香港、タイへと輸出している […]

  • 2023年11月6日
  • 2024年4月7日

農業経営 顧客ニーズを先読みし、売上13億円を達成。耕種農業と畜産の二刀流農家・さかうえのマーケットイン思考

鹿児島県志布志市にある株式会社さかうえさんでお話を聞かせていただきました。 同園では、施設でピーマン、ナス、キュウリ。露地でケール、ジャガイモ。畜産では黒毛和牛自社ブランド「里山牛」の生産・加工をされています。 新型コロナウイルスや、ロシアによるウク […]

  • 2023年10月7日
  • 2024年4月7日

農業経営 赤字続きの実家を、年間売り上げ2億超えの黒字農家にV字回復。作業が多様化する時代に、あえて生産に注力した理由 

福岡県糸島市にある株式会社ヨシウラファームさんでお話を聞かせていただきました。 同園は、40年以上にわたって、約19ヘクタールの畑で青ネギを栽培している農家さんです。 現在は、年間売上2億円を超え、成功しているといえる農家さんですが、元々は赤字続きだ […]

  • 2023年8月12日
  • 2024年4月7日

農業技術 大雨で起きる浸水被害を救う新たな農法「ノアの方舟」とは

佐賀県唐津市にある株式会社アグリッシュさんでお話を聞かせていただきました。 同園は、ハウスで高糖度・高栄養価のミニトマトを栽培されている農家さんです。 しかし、トマト栽培は順風満帆なものではありませんでした。2018年に起きた大雨による浸水被害によっ […]

  • 2023年8月8日
  • 2024年4月7日

農業経営 コロナで売上激減 花農家を倒産の危機から救った新たな作物とは

佐賀県唐津市にある株式会社クラベル・ジャパンさんでお話を聞かせていただきました。 同園では、コロナ前までカーネーション専門で栽培されていました。1本8000円と日本一高いカーネーション農家として70年以上歴史があります。 そんな中、世界中でパンデミッ […]

  • 2023年7月7日
  • 2024年4月7日

土作りと同じぐらい大切な「水分管理」。肥料使用量減や収量アップにも一役

前回に引き続き、熊本県益城町にある株式会社果実堂さんでお話を聞かせていただきました。 今回は、水やりなどの水分管理方法を研究し、肥料使用量の低減や収量アップにつなげた水管理のノウハウをお聞きしました。 詳しい記事は、マイナビ農業で執筆させていただいて […]

  • 2023年6月16日
  • 2023年6月16日

農業WEEKで気になった企業 10選 後編

熊本県のグランメッセ熊本で5月の24日から26日にかけて農業WEEKが開催された。これまでは、千葉県の幕張メッセで毎年開催されていたので九州初上陸である。 当日は会場の盛り上がりは凄く、約300もの企業が出展し、来場者の数は約2万人を超える。今年一盛 […]

  • 2023年6月10日
  • 2023年6月15日

農業WEEKで気になった企業 10選 中編

熊本県のグランメッセ熊本で5月の24日から26日にかけて農業WEEKが開催された。これまでは、千葉県の幕張メッセで毎年開催されていたので九州初上陸である。 当日は会場の盛り上がりは凄く、約300もの企業が出展し、来場者の数は約2万人を超える。今年一盛 […]

  • 2023年6月10日
  • 2024年4月7日

ベビーリーフ年間売上15億円越えを果たすまで。黒字継続の背景にある農業の”カイゼン”とは

熊本県益城町にある株式会社果実堂さんでお話を聞かせていただきました。 同園では、ベビーリーフとアスパラガスの栽培をしています。特に、ベビーリーフは、18種類もの品種を約70ヘクタール、850棟のハウスで年間約750トン生産しており、2022年の売り上 […]

  • 2023年5月30日
  • 2023年6月2日

農業WEEKで気になった企業10選 前編

熊本県のグランメッセ熊本で5月の24日から26日にかけて農業WEEKが開催された。これまでは、千葉県の幕張メッセで毎年開催されていたので九州初上陸である。 当日は会場の盛り上がりは凄く、約300もの企業が出展し、来場者の数は約2万人を超える。今年一盛 […]

  • 2023年5月5日
  • 2023年5月7日

「企業が農業へ参入」たった4年で足らないほどに売れる。栃木県でフルーツトマトを栽培することに決めた理由と販売戦略とは?

今回、お話を聞かせていただいたのは栃木県鹿沼市にある「カキヌマファーム」。 カキヌマファームについての記事はこちら↓ 企業が農業へ参入する理由とは? 栃木県鹿沼市にあるカキヌマファーム。個人ではなく企業が運営しています。  ゆうと 農業以外 […]

  • 2023年5月3日
  • 2023年5月3日

少量多品目の有機栽培って大変?実際どうなの?有機農業で独立して2年目の農家に聞いてみた

今回お話を聞かせていただいたのは栃木県下野市にある「あすらふファーム」の細井さん。 あすらふファームについての記事はこちら↓ 始める前に課題となったこと 少量多品目の野菜を有機栽培する細井さんに色々と聞いてみました!  ゆうと 実際、農業始める前には […]

  • 2023年5月1日
  • 2023年5月1日

日本の食を支えてる農家だからこそ知っておこう 2022年食トレンドと2023年食トレンド予想

2023年も4か月が過ぎ、流行しているものを日常で目にします。 流行っやみつきなどがあります。 食の分野においても、様々な企業より食のトレンドについても発表されました。トレンドを知っておくことで、販売戦略など農業に活かせるかもしれません。 では、見て […]

  • 2023年4月20日
  • 2023年4月20日

早い物勝ち?時代の波に乗れ! 野菜の新しい販売方法とは

皆さんは、ライブコマースを知っているでしょうか? 見出しでは新しい販売方法と言いましたが、数年前からあります。しかし、これからが熱い!! 今、この波に上手く乗れた農家さんはファンを獲得し、確立し、今後としてかなり強みになる事間違いないです!! ライブ […]

  • 2023年3月2日
  • 2023年11月12日

農業業界に新しい風?!(株)ワコーパレットが取り組む農業用ベジコンとは?

先日、大阪府大阪市に本社を持つ株式会社ワコーパレットでお話を聞かせていただきました。 (株)ワコーパレットは、日本全国に物流拠点を構えながら、物流機器の販売・レンタルを50年以上行っている企業です。そんな物流機器の企業が新しく取り組む農業用ベジコンと […]

  • 2023年2月2日
  • 2023年11月11日

今どこに出している?農家さんの売り先一覧

私は、日本全国の農家さんを回り取材しながら情報発信をしています。 鹿児島、沖縄、福岡と3か月ほど回りながら様々な農家さんの売り先を聞いてきました。 農家さんの販路についてわかる範囲でまとめてみたいと思います。 市場出荷 市場出荷には、JAへの出荷、地 […]

  • 2022年12月17日
  • 2023年3月9日

減ってる?増えてる?農業人口の推移について

多くの企業や若者が農業へ興味を示し参入をしている現在。実際に農業人口の推移はどうなっているのでしょうか?農林水産省からの数字と経験をもとに農業従事者、新規就農者まとめていきたいと思います。 農業従事者の推移 農業従事者は、1960年代には約1100万 […]

  • 2022年12月1日
  • 2023年3月9日

農業における顧客のファン化について

9月25日茨城県水戸市で行われた、お笑いタレント西野亮廣(キングコング)の講演会が行われた。現在は、お笑いタレント以外にも絵本作家、著作者などと幅広い活躍をされている。 今回は、講演会での話を農業に置き換えて書いてみたいと思う。 顧客のファン化につい […]

  • 2022年10月14日
  • 2023年3月9日

日本の一般法人の農業参入って増加傾向?どうなの?

先日、とある講習会で一般法人の農業参入の動向についての話題があがりました。 今回は、農林水産省から発表されているデータを参考に見ていきたいと思います。 農業参入の現状 平成21年、農地法が改正され企業の農業参入がしやすくなりました。具体的に、一般法人 […]

  • 2022年9月26日
  • 2022年12月8日

農業における消費者とのかかわり方 レストラン型とBBQ型とは

9月25日茨城県水戸市で行われた、お笑いタレント西野亮廣(キングコング)の講演会が行われた。現在は、お笑いタレント以外にも絵本作家、著作者などと幅広い活躍をされている。 今回は、講演会での話を農業に置き換えて書いてみたいと思う。 現代のビジネスモデル […]

  • 2022年8月23日
  • 2022年12月14日

肥料価格高騰対策事業とは?農家さんの肥料価格高騰における支援について

コロナウイルス、ウクライナ情勢の不安定化、中国の輸出制限などによって肥料原料は1年前の3倍を超える高騰の見込みとなっている現在。肥料価格は過去最高水準まで上昇している。 そんな農家さんの今後に関わる事態に、農林水産省から肥料価格高騰対策事業が発表され […]

  • 2022年8月6日
  • 2023年11月11日

農家さんが使っている野菜ECサイト4選 食べチョク/産直アウル/メルカリ/ポケットマルシェ

色々な農家さんとお話させていただく中で、野菜を販売する先も様々です。JA、市場、スーパー、道の駅などと農家さん次第で販売先も変化していきます。 その中で、少し前までは存在すらしなかったアプリ内での販売も可能になりました。利用者が多い4つについてまとめ […]

  • 2022年7月16日
  • 2024年4月7日

どうやって多くの人に見て貰う?農業×インスタグラムのリーチ数を増やす方法とは

インスタグラムのフォロワーを増やすには、リーチ数(見られた数)を増やすことが関わってきます。 では、どうやって多くの人に見て貰うのでしょうか? リーチとは インスタグラムのリーチとは、「どのくらいの人があなたの投稿を見たか」を指しています。このリーチ […]

  • 2022年7月11日
  • 2024年4月7日

農家さんがインスタグラムを使うべき理由とは?!農業×インスタグラムで出来ること

なぜ、農家さんがインスタグラムを活用するべきなのでしょうか? 現在、インスタグラムユーザー数は爆発的に伸びています。SNSの中でも、アクティブに利用している人が多いです。 こうした数字以外にも利用した方がいい理由があります。 情報量 インスタグラムで […]

  • 2022年6月30日
  • 2024年4月7日

農家さんが出来ていない!?インスタグラムを伸ばす方法3選

現代の農業ではインスタグラムを活用し、売り上げを伸ばしたり、消費者からの認知を高めたりと活用次第ではとても便利なものです。 多くの農家さんが利用しているインスタグラム。しかし、見ていると上手くアカウントを伸ばせていないアカウントが多いです。 今回は、 […]

  • 2022年6月24日
  • 2022年9月24日

ドローンを使って農業を簡略化。農業業界におけるドローンの役割とは?ドローンを使って行う農薬散布とは?

広島県呉市にあるドローンテックYoshimuraさんでお話を聞かせていただきました。 ドローンテックYoshimuraについて ドローンテックYoshimuraさんは、吉村さんが海上自衛隊を30年務め退職後、民間企業の商船で働いたのちに、広島県で起業 […]

  • 2022年6月5日
  • 2023年3月7日

「みどりの食糧システム戦略」ってなに?

2020年10月に野上大臣が会見にて発言し、2021年5月に農林水産省より「みどりの食料システム戦略」の概要が発表されました。 2050年までの30年先を見据えた長期的なビジョンとなっています。 こちらのサイトでは、農業の分野に絞って紹介させていただ […]

  • 2022年6月2日
  • 2024年4月7日

知らないままだとまずい?最近聞くGAPってなに?

農業に関わる人なら、近年、聞く機会が増えているのではないでしょうか。 今後より広まると思われるGAPについてまとめて紹介させていただきます。 GAPとは? GAPとは、Good Agricultural Practicesの略になります。 日本語で訳 […]

  • 2022年5月8日
  • 2023年2月18日

「JA 糸島青年部」でお話を聞かせていただきました

「JA 青年部」とは JA青年部とは、JAをよりどころに集まった若き農業青年の組織です。 青年部では情報交換や相互交流を行うとともに、その活動を通して農業の振興やより良い地域づくりに貢献しています。 豊かな農業・活力ある地域づくりに意欲のある方であれ […]

  • 2022年4月23日
  • 2023年2月18日

「道の駅 いとまん」 沖縄って南国のフルーツだけじゃない!?沖縄の食の台所には沖縄産の野菜がいっぱい

皆さん沖縄と聞いて野菜や果物だと何を思い浮かべますか? 私なら、マンゴー、パイナップル、バナナ、海ブドウです。 そう、野菜って育てているの?って疑問が出てきます。現地の人に聞いても本島から運ばれてくるのが多いから高いよねーって答えが返ってくるぐらいで […]

  • 2022年4月12日
  • 2023年3月7日

儲かる農業へ改善?トヨタ式農業改善とは?

企業だけでなく農業においても業務改善は必要になります。 では、トヨタ式改善とは?また、農業にどうやって活かしていくのでしょうか。 トヨタ式カイゼンとは? カイゼンとは、主に製造業の現場でおこなわれる、業務を見直して今よりも良くしていくための活動のこと […]

  • 2022年4月7日
  • 2023年2月8日

今さら聞けない農業単語 5選

農業の分野でよく聞く単語についてまとめていきたいと思います。 中には聞いたことあるけど意味まで理解していなかった。思ってたのとは違ったなどあるかもしれません。 今回は、農業の分野の単語はたくさんあるので10つに絞って紹介していこうと思います。 続きは […]

  • 2022年4月2日
  • 2023年1月31日

鹿児島にある「ポタジェファム」さんでお話を聞かせていただきました

ポタジェファムとは 鹿児島市の女性農業者を中心とする組織です。関連事業者(加工、観光、福祉)や市外の方も参加しています。 ネットワークを生かして、加工品開発、農業体験受入、マルシェの開催、SNSでの情報発信など、農業の魅力を発信しています。 ポタジェ […]

  • 2022年3月26日
  • 2024年4月7日

農業で最近よく聞くGAP GAPの生まれた歴史は?

近年よく聞くようになったGAP。どのように生まれ広まっていったのでしょうか。 GAPとは? GAPとは、Good Agricultural Practicesの略になります。日本語で訳すと、農業生産工程管理となります。 農業生産工程管理とは、農業にお […]

  • 2022年3月26日
  • 2023年1月30日

ほったらかしでいいの?手をかけない新常識の自然農法とは?

有機農業と並んで聞く言葉に、自然農法という言葉があります。有機農業との違いは?手をかけない農業とは? 自然農法とは? 昭和10年(1935)、創始者の岡田茂吉(1882-1955)は農薬や化学肥料に依存しない自然農法について、つぎのような理念と原理を […]

  • 2022年3月25日
  • 2023年1月30日

農業の新しい形 農業×福祉?農福連携とは?

2010年ごろから農福連携という言葉ができ、少しづつ広まり始め注目されつつある農福連携。 農業×福祉とはどういうこと何でしょうか。 農福連携とは? 農福連携とは、障害者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取り […]

  • 2022年3月21日
  • 2023年1月30日

有機野菜や有機農業ってよく聞くけど基準ってなに?

近年、国から発表された「みどりの食料システム戦略」により2050年にかけて増えていく有機農業。 また、SDGsの動きが高まり環境に配慮した農産物の作り方や消費者の安心・安全の作物を必要とする消費動向が見受けられ需要は増えつつあります。 では、具体的に […]

  • 2022年3月19日
  • 2023年1月30日

補助金 みどりの食料システム戦略緊急対策交付金とは?

2050年までに目指す農業の新しい政策方針である「みどりの食料システム戦略」 更に、勢いを早めるために2021年12月に農林水産省より通知がでました。 緊急対策交付金が出た目的は? 農山漁村や食料・農林水産業は、自然災害や気候変動に伴う影響、生産者の […]

  • 2022年3月19日
  • 2024年4月7日

GAPって実際どう?メリットとデメリットは?

GAPは、Good Agricultural Practiicesの略です。日本語では農業生産工程管理となります。簡単にまとめると、より良い農業を続けるために計画的に行動しようって意味になります。 では、GAPを取るとどんなメリットがあるのか。どうや […]