取材した農家さんをご紹介 Vol.3 近藤農園 /マンゴー/ブルーベリー

鹿児島県でマンゴーとブルーベリーの栽培をされてる近藤農園さんにお話を聞かせていただきました。

 
ゆうと
はじめまして!鈴木です!よろしくお願いします!
近藤さん
こんにちは!近藤です。よろしくね!
 
ゆうと
まずはじめに農業を始めたられたきっかけについて聞いてもいいですか?
近藤さん
農家になったのはかなり遅くて、54歳までは東京で化学メーカーの営業をしていたんだ。ちょうどその頃田舎暮らしが流行っていたのと、定年しても働けるってので農家になろうと思った。で、奥さんの地元の鹿児島で土地があって今に至る感じかな。

近藤さんは、34年働いたメーカーの営業から180度違う農家への道へ進みました。

お客様の顔が見たいという理由から、ブルーベリーのつかみ取りや直接販売と市場やJAを通さない売り方をしています。(コロナの影響もあり2020年、2021年とブルーベリーのつかみ取りは実施していない)

ブルーベリーのつかみ取りの様子

 
ゆうと
HPを見させていただいたんですが加工品にも力を入れられてるんですか?
近藤さん
そーだね!農園に加工場があってそこで、ジャムやジュース、冷凍フルーツを作って1年中時期でなくても取り扱えるようになってるよ。パッケージも独自性を持たせるために近藤さんちのをキャッチコピーにしてるんだ!
 
ゆうと
マンゴージュース飲ませていただきましたが、中に果肉も入っていてとても美味しかったです。マンゴー特有のとろっとした飲み口でした。ありがとうございます!!

近藤農園さんでは、自分の農園で作ったマンゴー、ブルーベリー以外にも地域で育ったみかんやトマトの加工をするなど加工業としても委託されることが多いです。

また、マンゴーを受粉させるためにミツバチにお願いすることもあり、自家製のはちみつを作るなど生産から加工まで様々なことをされています。

近藤さんの話では、農業だけで生きていくのは難しいから加工もやらないとねとのことでした。

近藤さんちのマンゴージュース

 
ゆうと
販売では、HP、直販以外にもふるさと納税が人気と聞いたんですが。そうなんですか?
undefined
うん。結構ふるさと納税でも出ていくよ!きっかけは、コロナの影響もあってブルーベリーのつかみ取りが出来なくなったりと売れ残る商品が多く出てしまってね、、瞬間冷凍して長く持つようにしたのが結構人気でね出ていくかな?ジュースやジャムもふるさと納税で出ていくけどね!

マンゴーやブルーベリーなどの果物は、野菜に比べて価格が高いので嗜好品の分類とされるのでふるさと納税では人気な商品になるとのことでした。

近藤さんの行動力は凄まじいもので、年齢は関係ないからどんどん進む姿を見せていただきました。

加工場やHPのデザイン費などの補助金も全て自分で調べて実行に移すことは簡単ではないと思います。

また、人柄で周りからの加工の委託も多く来ている理由だろうなと思いました。

近藤農園について | 鹿児島県薩摩川内市の観光農園|近藤農園はブルベリー・マンゴー販売しています (kondounouen.jp)

↑今回取材させていただきました近藤農園さんのホームページです。ホームページも素敵なので見てみてください!!

近藤さんちのブルーベリージャム

ブルーベリーの花(すずらんみたいで可愛くないですか?)

近藤農園さんのホームページの様子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読んでくださりありがとうございました!

申し訳ありませんが、ブログのランキングサイトに登録しているので、下にあるボタンをクリックして頂きたいです。順位が上に行けば多くの農業関係者、農業に興味のある方々に届くと思います。

是非、よろしくお願いいたします☺

鹿児島で取材した農家さん

取材した農家さんを紹介 Vol.1 そのやま農園さん

取材した農家さんをご紹介 Vol.2 株式会社 誠晃 障がい者就労センター みなよし

取材した農家さんをご紹介 Vol.4 株式会社 アグリスタイル

取材した農家さんをご紹介 Vol.5 株式会社 カゴシマ農

取材した農家さんをご紹介 Vol.6 株式会社 神バナナ

取材した農家さんをご紹介 Vol.7 てのんでファーム