取材した農家さんをご紹介 Vol.6 株式会社 神バナナ /バナナ

今回は、南九州市にある株式会社神バナナさんにお話を聞かせていただきました。

国内では、珍しい国産の無農薬バナナを栽培しています。

 
ゆうと
はじめまして!鈴木です!今日はよろしくお願いします!
西園さん
こんにちは!神バナナの西園です!よろしくお願いします!今回は、代表が外出しているので答えられる範囲で答えさせて頂きます。
 
ゆうと
分かりました。ありがとうございます!まずはじめに農業を始められたきっかけについてお伺いしてもいいですか?
西園さん
株式会社神バナナは、代表の東が作りました。何かをやりたいと思っていたのと、地元の若者にとって魅力の会社を作りたいと思っていたのが始まりでした。丁度、南九州市は、綺麗な水が湧いてくる、盆地で寒暖差があるといった地の利点からバナナ栽培があうんじゃないかという所からのスタートでした。

株式会社神バナナは、東さんが2016年に岡山のバナナ農家さんのところで研修をしたのち、2017年4月に初めての植え付けを2000本、南九州市川辺町神殿にしました。

翌年の2018年に奄美大島に2500本を植え付けしました。2019年に佐賀の町長よりバナナ栽培をしたいと連絡があり500本を植え付けました。2020年に指宿市に2000本を植え付けました。

 
ゆうと
凄い勢いで事業が拡大してると思ったんですが何かきっかけがあったんですか?
西園さん
理由としては、リスクヘッジの為です。鹿児島は台風が多いのがあり、1つの地域に絞ると一発の台風でハウスが全滅する可能性があります。その為、様々な地域にリスクを分散する必要があります。また、奄美大島や指宿は、平均気温が本島に比べて高く暖房の節約になります。

実際に、南九州市のハウスが台風で飛ばされた時に指宿のハウスがあったおかげで出荷を止めなくて済んだことがあるそうです。

また、バナナは栽培に8か月から10か月ほどかかるので冬の間も平均気温15℃を保たなくてはいけません。奄美大島で気温15℃を下回るのは1月、2月、3月、12月しかありません。日中においては15℃を超えることの方が多いので暖房は夜のみの使用で間に合ってしまいます。

 
ゆうと
次に、バナナの栽培についてお伺いしてもいいですか?
西園さん
バナナは、約10か月ほどで成長して収穫を出来るようになります。1つの幹に200個の実がなります。3年周期で、植え替えをしなくてはなりません。気温は、15℃を下回ってはいけなく、感想もよくないので湿度も高くなくてはいけません。

バナナは、木ではなく葉っぱの集合体になります。新しく出来てくる葉っぱが、重なっていき木みたいになっていきます。

神バナナでのバナナの品種は、台湾の北蕉(ほくしょう)を使用しています。海外のバナナとは品種が同じですが、輸送の時間の問題で海外では早めに収穫することで皮が厚いままになります。国産のバナナは、ぎりぎりに収穫することで中身がパンパンまで成長することでき皮が薄くなり食べることができるようになります。

更に、神バナナでは無農薬で作ることで皮ごと安心安全に食べることが出来ます。

始めてバナナの栽培について見させていただいて、初めて知る話ばかりで驚きました。

最初は、1本877円のバナナってどんなものと思ってましたが、手間暇が凄くかかる物だということが取材を通して知ることが出来ました。

価格的には高いので簡単にみんなが買えるものではないかもしれませんが、今後は、新しい生産ではなく販路の拡大をしていきたいとの話でしたので関東で見る機会もあるかもしれません。

幹になるバナナの様子

バナナの幹は葉っぱが集まり木みたいになる

バナナの追熟の様子(1本1本丁寧に追熟をおこなう)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読んでくださりありがとうございました!

申し訳ありませんが、ブログのランキングサイトに登録しているので、下にあるボタンをクリックして頂きたいです。順位が上に行けば多くの農業関係者、農業に興味のある方々に届くと思います。

是非、よろしくお願いいたします☺

鹿児島で取材した農家さん

取材した農家さんを紹介 Vol.1 そのやま農園さん

取材した農家さんをご紹介 Vol.2 株式会社 誠晃 障がい者就労センター みなよし

取材した農家さんをご紹介 Vol.3 近藤農園

取材した農家さんをご紹介 Vol.4 株式会社 アグリスタイル

取材した農家さんをご紹介 Vol.5 株式会社 カゴシマ農園

取材した農家さんをご紹介 Vol.7 てのんでファーム