GAPってメリットずくめ?デメリットはないの?

GAPは、Good Agricultural Practiicesの略です。日本語では農業生産工程管理となります。

簡単にまとめると、より良い農業を続けるために計画的に行動しようって意味になります。

では、GAPを取るとどんなメリットがあるのか。どうやって取得するのか。

GAPを取るメリットってなに?

安全と信用の確保

取得すると、作物が高く売れたりと儲かるわけではありません。

しかし、承認を受けた作物は食品安全、環境保全、労働安全、人権保護、農場経営管理の5つつの要素を満たしている証拠となります。そして、信頼につながり、GAPの種類によって販売先の拡大に繋がります。

リスク管理に繋がる

生産管理を見える化する観点より、リスクを減らすことが可能になります。異物混入や不適切な農薬使用など食品安全に関するリスク、土壌汚染など環境保全に関するリスク、農機具による事故や農薬散布時による中毒など労働安全に関するリスク、従業員の離職やリコールなどの農業経営に関するリスクなどがあります。

販路拡大に役立つ

2020年の東京オリンピック、パラリンピックでの作物の安全を証明する国際的な基準として使用されました。また、SDGsの流れもあり、消費者は「環境に優しい方法で栽培され、安心安全な農作物」を食べたいと考えるように思考も変化してることがあげられます。

具体例として、セブンイレブンからは環境宣言「GREEM CHALLENGE 2050」という基本方針が出されました。GAP取得した作物を、2030年までに50%、2050年までに100%を目指す動きとなっています。

このように大企業も目標を掲げて動き出しています。

周りの農家さんが取得してないタイミングだと特別な存在となり、販路拡大する為の営業に有利と考えられます。

人材の確保

GAP認証基準の中に労働安全、人権保護が含まれていますので、労働環境が良いことをアピールすることで人材確保にもつながります。

GAPを取るデメリットってなに?

取得に費用が掛かる

GAPの種類によって取得には金額が変わってきます。どちらのGAPにしても安い金額ではありません。

金額に関しては別の記事で書きたいと思います。

取得に手間がかかる

GAPは、生産工程のすべてをしっかり管理しなければいけません。農薬の在庫数、畑の土の成分や作業日誌など管理しなくてはいけない項目が多いです。

「何月何日に、この畑で誰が何の作業をしましたか?」

という質問に答えられなければいけません。

今までの農業では行われてこなかった手間が増えるので慣れるまでは大変な作業になります。

まとめ

GAPにはメリットもたくさんありますが、その分手間やお金もかかります。

今後に必要かどうか見極めてみてください。

関連記事

農業で最近聞くGAPってなに?

農業で最近よく聞くGAP GAPの生まれた歴史は?

セブンイレブンとGAPの関りは?環境宣言「GREEN CHALLENGE 2050」ってなに?