「JA 糸島青年部」でお話を聞かせていただきました

「JA 青年部」とは

JA青年部とは、JAをよりどころに集まった若き農業青年の組織です。

青年部では情報交換や相互交流を行うとともに、その活動を通して農業の振興やより良い地域づくりに貢献しています。 豊かな農業・活力ある地域づくりに意欲のある方であれば、どなたでも加入できます。

年齢制限は地区によって変わってきます。

「JA 糸島青年部」とは

福岡県糸島市で就農する約40歳未満の若手農家、後継者、新規就農者を中心に構成されたグループです。

JA 糸島青年部では、それぞれが各地で活動する「支援活動」、4つの専門分野に分かれて活動する「専門部活動」、地域振興に貢献していく「全体活動」を主に行っています。

「JA 糸島青年部」の目的とは

日本全国のみなさまへ糸島の農産物をアピールすることはもちろん、持続可能な経営基盤の確立のための相互研鑽、JAとの連携、そしてともに地域を支える担い手の繋がりを強くしていくことにあります。

同業者でもある仲間との情報交換や助け合いも、羽目を外したり呑み明かしたりすることも、個人経営が主な農家にとっては必要不可欠な事です。

「JA 糸島青年部」の活動とは

「ちかっぱ」の開催

年に1度、糸島青年部が企画・主催する農産物直売会のことです。

旬の糸島野菜を若手農家が自ら販売します。

全国的にも農業者が1から企画運営するイベントは珍しく、立ち上げから広告活動まで全て若手農家で手がけています。

未来を育てる、食農教育

地域の子供たちに旬の糸島産を提供したり、収穫体験を通じて、農業の大切さや食文化の素晴らしさを伝えています。

食育を1つの使命と捉え地産地消を推奨、安心できる食材を選んでほしい、食料自給率など農業に興味を持ってもらいたいなどの思いから取り組んでいます。

明日の担い手を育成

豊かな自然を維持していくためには、その地域の担い手たちが高い意識をもっていなければなりません。

「JA 糸島青年部」のネットワークを通じ、技術の向上を進めることができ、仲間との交流によって自らの新たな可能性を発見する場が生まれ、相互研鑽もできます。

他地域の農業者との交流

「JA 糸島青年部」は、日本全国各地に存在するグループです。

思いを同じくする全国の若手農業者との交流や、各地の活動事例を知ることができる機会があります。

自然災害など困難な事態が発生しても、助け合ったり協力し合える盟友たちです。

婚活ツアー

農業の現場に異性との出会いはなかなかありません。

そんな問題を解決するための活動も行っています。

スーパーヒーロー計画「コメンジャーズ・プロジェクト」

2018年「第6回ちかっぱ糸島」で誕生。

取材した感想

今回、糸島青年部を取材したきっかけは、糸島青年部のインスタグラムを見つけたからです。

インスタグラム上でJAが運営するアカウントを、見たことが無かったので連絡をしました。

話を聞いてみても、実際に他の地域よりも行動に起こしている印象を受けました。

このように、SNSを活用する団体も増えてくるのかなと思いました。

JAの運営するアカウント面白そうですよね笑