取材した農家さんをご紹介 Vol.8 本然農園 /トマト/にんじん/ごぼう等

沖縄県中頭郡西原町にある本然農園さんでお話を聞かせていただきました。

出会いのきっかけは、鹿児島でお世話になっていたゲストハウスにいた時に、同じ宿泊者の方が面白くて頑張っている農家さん知ってるから紹介するよ!でした。

珍しい経歴と珍しい野菜を育てている農家さんです。

 
ゆーと
はじめまして!たきとうさんから紹介をして頂いた鈴木です!よろしくお願いいたします!
りょうたさん
こんにちは!本然農園のりょうたです!よろしくね!!

本然農園は、千葉県出身のりょうたさんが自然栽培で1人でやられている農家さんです。

育てている作物は、トマト、にんじん、ごぼう、じゃがいも、トウモロコシ、大根、玉ねぎ、リーフ、ほうれん草、モリンガになります。

先に、自分も含めてモリンガについて知らない人が多いと思いますので説明をさせていただきます。

モリンガとは?

モリンガ(moringa)とは、ワサビノキ科の樹木ワサビノキ(学名:Moringa oleifera )の通称名です。英語ではHorse radish tree, Drumstick tree, Ben oil treeなどとさまざまな名称で呼ばれています。成長が早く、成木では高さ5~10メートルにもなります。

原産地はインド北西部のヒマラヤ山脈。亜熱帯、熱帯地域の気候を好み、アジアやアフリカ、西インドや中南米など多くの国で栽培されています。病害虫に強いため無農薬でも容易に栽培できるとされ、日本でも沖縄県などで栽培されています。

モリンガの木は葉だけでなく、樹皮、鞘(ドラムスティック)、種子、塊茎、根、花などすべての部分が食用とされています。特に葉、根、未成熟の鞘は野菜としてカレーやスープ、炒め物などに調理され、種は油をとるためにも利用されてきました。 またアーユルヴェーダなどの民間療法においては多くの薬効が認められ、長い間伝統的に利用されてきたそうです。

気になる味や香りですが、日本で主に流通しているパウダー状の乾燥モリンガは「抹茶のよう」と例えられることが多く、日本人にとってはなじみのある味。そのまま水に溶かして飲むほか、料理やお菓子作りなど利用の幅も広いスーパーフードです。

モリンガとは – 検索 (bing.com)

モリンガの効果・効能は?

  • 抗酸化効果
  • アンチエイジング効果
  • 生活習慣病の予防
  • 血糖値上昇抑制効果
  • 炎症軽減効果
  • コレステロール値の低下効果

などがあげられます。モリンガについて詳しくは別の記事にまとめさせていただくのでそちらをご確認してみてください。

簡単にいうと、栄養価たっぷりの体や健康に良いスーパーフードです。

 
ゆーと
まずはじめに、農業を始められたきっかけについて聞いてお伺いしてもいいですか?
りょうたさん
多くの経験をしている中で農業をしてみたいという気持ちは元々あったかな。やりたいことは全てやってきたから、農業もその中の1つだった。農業は人が生きていく上で必ず必要なものだから、「食べる」原点に携わって提供したいという気持ちもあったからかな。ちょうど沖縄におばあちゃん家があって土地もあったってのと、寒いのが苦手ってのもあいまって沖縄を選んだけどね笑
 
ゆーと
やりたいことすべてやるって中々出来ることじゃないんで凄いですね!色々やってきた中で農業を本気でやろうと思ったきっかけは何があったんですか?
りょうたさん
農業をやろうと思って沖縄に来たのはいいけど知識も経験も何もなかった。その時に教わりに行った師匠のおかげかな。具体的には、師匠のところでは自然農法っていう栽培を行っていた。そこで農薬や肥料に有害なものがあると教わった。また、作物はそのようなものに頼らなくても美味しく育つってことを教わって、自分がやりたいことは間違ってないって確信させてもらったことかな。

りょうたさんは、高校卒業後に陸上自衛隊で2年間勤務後、千葉の消防士となりレスキュー隊まで登りました。その後は、浅草で人力車、プロ野球のマネージャー、大手企業の会長秘書としてロールスロイス運転手、セブ島にてIT事業のインターン、動画クリエイターと様々な経験をしてきました。

30歳の時に農業の世界に入りました。そして、師匠の元で学んだのちに本然農園を開園しました。

本然の意味は、人手を加えず自然のままであるという意味です。1人でも多くの人が心の底から幸せを感じ憎しみや争いを捨て自然体でいてほしい。といった意味が本然農園には込められています。

 
ゆーと
まだ、農園が始まって1年と少しと農園もこれからだと思いますが今後の展望はどんなものですか?
りょうたさん
自分で育てた安心で安全な野菜と共に農業にかける情熱と信念を1人でも多くの人に届けたいと思っている。その活動として、本然農園のTシャツを作り利益を子供食堂支援センターへの寄付やフードセレクトショップカーという食を届ける仕事をしながら沖縄での認知活動をしている。2023年には、キッチンカーで全国を回ります!!

今回お話を聞かせていただいて、りょうたさんは人の為に実際に行動に移せる凄い人だなという印象でした。実際にTシャツの利益を寄付したり、販売中Tシャツをセブ島で起きた台風被害のために寄付したり、セブ島の復興の為にクラウドファンディングを実施していたりと行動力があります。

そんな、りょうたさんが目指す社会は農業だけに収まらず、世の中へと伝わっていくと思いました。

是非、自分に出来ることがありましたら手伝わせていただきたいです!

キッチンカーでの全国を回る際にどこかでまた会えるのも楽しみにしてます☺

本然農園で採れたモリンガを使った加工品 牛乳やスムージー、料理と混ぜても◎

農家さん後ろ姿×本然農園Tシャツ=かっこいい☺

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読んでくださりありがとうございました!

申し訳ありませんが、ブログのランキングサイトに登録しているので、下にあるボタンをクリックして頂きたいです。順位が上に行けば多くの農業関係者、農業に興味のある方々に届くと思います。

是非、よろしくお願いいたします☺

沖縄で取材した農家さん

取材した農家さんをご紹介 Vol.9 中山マンゴー園